乾麺売り場
 担当者も驚いた。

乾麺

出雲そばはそばの実をそのままに挽き込む「挽きぐるみ」という製粉方法で
そば粉をつくります。殻ごと挽かれたそばは色が濃く、風味豊か。
栄養高く、野趣あふれるそばをお愉しみいただけます。

味わい

そばの実を丸々挽き込む「挽きぐるみ製法」
一般的にそばの実を1番粉から3番粉、末粉など細かく分類し、どの場所を使うかによってそばの種類も変わってきます。
本田商店では、そばの実を丸々挽き込む「挽きぐるみ製法」と呼ばれる製粉方法で行います。
そばの実が甘皮から中心部分まで丸々挽き込まれているため、栄養価と香りが高く、味わい深いそばが仕上がります。

香り

風味が違う「冷風乾燥仕上げ」
乾燥条件による風味の違いとは?
温風乾燥は、短時間で水分を蒸発させるため大量生産ができるものの、変質しやすく風味も一緒に飛んでしまうと言われています。
本田商店が行う冷風乾燥は、空気を室内で循環させることで、ゆっくり乾燥します。
天日干し、温風乾燥に比べ自然に近い仕上がりとなり、風味、食感に違いがうまれます。

食感

のど越し良いつるつる食感
ここで注目したいのがつなぎに使う「小麦」です。
中力粉、強力粉など種類はもちろん、品種や配合によって食感は大きく変わってきます。
硬いだけのコシではなく、適度な弾力とつるつるした食感は
そばの美味しさの基準といえます。

商品を見る

乾麺(干しそば)
正直、どこの乾麺も同じだと思っていました。
乾麺はコチラ